ギターのタブ譜と楽譜の読み方

エレキギター初心者向けに、楽譜が読めなくてもわかるように、初歩の初歩からタブ譜や楽譜の読み方を解説しています。タブ譜は五線譜と違い、押さえる弦とフレットの位置がかいてあるので、ギターをやり始めたばかりの人にも便利で使えます。

  • はじめてのタブ譜・・・・・・初心者向けに解説。弦とフレットの押さえる位置を教えてくれ。
  • 演奏記号・・・・・・・・・・・・エレキギター用の記号。タブ譜でわからない記号を確認しよう。
  • 音符の読み方・・・・・・・・楽譜が読めない、分からない人向け。
  • 音の長さ・・・・・・・・・・・・音の長さってどのぐらい。
  • 調とは・・・・・・・・・・・・・・全・全・半・全・全・全・半
  • タブ譜の探し方・・・・・・・ヤマハの「ぷりんと楽譜」など

おまけ : タブ譜と楽譜の違い

楽譜というとピアノや音楽の時間に使う五線譜を思い浮かべると思います。タブ譜と五線譜の違いは、五線譜でド(おヘソのド)と書いてあっても、初心者には指板のどこを押さえていいのかわかりませんよね。タブ譜であれば3フレットの5弦を押さえて弾けばいいですよと親切丁寧に書いてあります。じゃーどの指で押さえればいいのか?

基本的に、1フレットは人差指、2フレットは中指、3フレットは薬指で押さえるよと、これまでの練習してきたステップの中で紹介しましたよね。そうです3フレットは、薬指で5弦を押さえます。

ちょっとだけ基礎を覚えていれば、タブ譜の読み方を少し覚えるだけで、バンドスコアを買ってきて好きな曲を練習することが出来ます。

目次で紹介しているメニューを、いますぐ全部見て覚える必要はないけど、余裕がある時に五線譜の読み方や、音符の意味なども覚えておいて損はないので、楽譜を見ていて気になる演奏記号があった時に調べてみてください。



PR