バレーコード(セーハ)とは : エレキギター

バレーコード(セーハともいう)とは、一本の指で何本かの弦を押さえる方法を用いるコードのことをいう。ダイアトニックコードで紹介したFコードもそうです。

よくFコードで挫折してしまいエレキギター(アコギ含む)から遠ざかってしまう人がいます。このFコードは、なぜ挫折する原因になるのかというと、ダイアトニックコードやパワーコードで、色々なコードを弾いてみたと思いますが、慣れるまでは2ヶ所の弦を押さえるだけでも大変でしたよね。

バレーコードでは、一本の指で複数の弦を押さえながら他の弦も押さえるため、左手のフォームが安定していない初心者には敷居が高く感じるコードです。でも、そうかといって、ずーっと練習しなければ弾くこともずっと出来ません。

このページでは、毎日ちょっとでいいから練習していると、押さえる力もつくようになるページを目指して、1日5分(4小節程度)、せめて3日に1回は練習してみようかなという気分になるようなページにしていきます。それでは、エレキギターを嫌いにならないように、最初は1つだけバレーでコードを押さえられるようになりましょう。



バレーコードのコツ

押さえ方のコツですが、いままでコードを弾くときは親指をネックにひっかけるようにして握っていましたが、バレーコードでは親指を少し下げネックの裏側に当てます。この時に、親指が曲がらないようにすること、そうすると指板の6弦から1弦を人差指で押さえやすくなります。

例えるなら、右手の手首を左手の親指で脈を測ってみてください。その時に、人差指が真っ直ぐになっていませんか?ようするに、バレーをする指がフレットと平行になるように、押さえやすいフォームを意識してみてください。



バレーの練習

はじめてバレーを練習するのであれば、人差指で1弦と2弦を押さえて音を出してみよう。次に1〜3弦を同時に押さえてみよう。この時に、1本ずつ鳴らしてみてキレイに音が出ているかも確認しよう。以下に、いくつかバレーで押さえるコードを紹介します。



Barre Chords : F

Fのバレーコード

人差指で1フレットを押さえます。中指で2フレットの3弦、薬指で3フレットの5弦、小指で4弦を押さえますが、この時に小指が1〜3弦を押さえてしまわないように気をつけよう。1フレットで押さえた音が上手く鳴りません。


Barre Chords : Gm

Gmのバレーコード

Gコードで中指が押さえている3弦を離すとGmになります。人差指で1フレットを押さえているので、簡単に覚えられますね。



Barre Chords : Cm

Cmのバレーコード

人差指で6弦をミュートするので、3フレットは全部押さえて構いません。

中指で4フレットの2弦、5フレットの4弦は薬指、3弦は小指。小指がキツイけど、少しずつ慣れていきましょう。



Barre Chords : A

Aのバレーコード

7フレットの4弦を小指で押さえるときに、高音弦を押さえないように意識しましょう。



Barre Chords : Am

Amのバレーコード

Aのコードから中指を外したものがAmです。



Barre Chords : A7

A7のバレーコード

Aのコードから小指を外すとA7になります。



Barre Chords : D

Dのバレーコード

人差指で5フレットを押さえるときに、指先で6弦をミュートします。



Barre Chords : Dm

Dmのバレーコード

Aのコードに似ていて、指を1弦ずつ下ろすとDmになります。



Barre Chords : D7

D7のバレーコード

人差指で5フレットを押さえて、薬指で7フレットの4弦、小指で2弦です。



同じコードだけど押さえ方色々

以下はBコードですが、少しずつ違いますよね。ここでは、覚えるというよりも、音に違いがあるのか試してみるだけで良いです。こんな方法もあるんだなーと、頭の片隅にでも置いといてください。


B♭ その1

Bのバレーコード
Bのバレーコード省略


B♭ その2

Bのバレーコードを別々の指
Bのバレー6弦も押さえる


コードを覚えるコツ : 似ているものを探そう

下の図は、左がAで右がDmです。左右のコードを見比べると、Aの押さえているフォームを1弦ずつ下げていることがわかりますよね。コードって何?という時期は、いっぱいありすぎて覚えられそうもありませんが、こうして似たようなコードを探すと、覚えるコツにもなります。


似ているコードA
似ているコードDm


PR