はじめてのコード : 基礎編

エレキギターの基礎知識で、ドのことをC、レはDなのだと学びましたよね。コード(和音)もドミソとかソシレファとはいわずに、C(シー)とかG7(ジーセブン)といいます。

コードを押さえるさいに、同じ弦を複数箇所押さえることはありません。



フィンガーボード : ド・レ・ミの場所

1フレットから11フレット。12フレット以降は1フレットから11フレットまでの並びが繰り返されます。音名と音名の間にある空白は、音が無いということではくて、ピアノの鍵盤でいうと黒鍵盤の#(シャープ)や♭(フラット)です。


ドレミファソラシ
フィンガーボード1

C,D,E,F,G,A,B
CDE版

はじめて見ると、うわー意味がわからないし覚えられないよーという人が多数いると思います。出来ればドレミで覚えるC,D,Eの読み方を覚えちゃいましょう。

上記にある表の説明をすると、一番左側がナットで、最上段には1とか3とか5という数字が書いてありますよね。それは、フレットの番号を表している数字で、3であれば3フレットの位置を表しています。E,A,D,G,B,Eは、6弦〜1弦の位置です。



Cはどこでしょう?

それでは、コードを一つ見てみましょう。以下のフィンガーボード上に、Cメジャーのコードだけ印を付けてみました。青い丸で囲った場所が左手で押さえる所で、赤い丸は押さえないで弦(開放弦)を弾きます。

いまも初心者に毛が生えたようなものですが、最初指板上の音名を見たときに、CとEとG(ド・ミ・ソ)を押さえれば、Cのコードを弾けると思ったのですが、そう単純ではないみたいです。

Cのコードの押さえ方

この先の講座で、パワーコードやローコードの説明をする時は、幅広の図を使わずに以下のコードダイアグラムという図を使って説明します。教則本に載っているコードが載っているダイアグラム表には、以下の1と3のパターンが多いです。


コードダイアグラム1
コードダイアグラム2

上記の2つ以外にも、弦を押さえる場所の左手のフォームがある本もあったりします。ようは押さえる場所さえわかれば、あとは好みで選んで大丈夫です。

説明は以上です。それでは、エレキギターを用意して、必要なコードだけ練習したいのであればコード一覧表のページ、コードを覚えつつ基礎を練習したいのであればダイアトニックコードのページを御覧下さい。



おまけ : 同じ弦を同時に押さえると?

同じ弦(例えば6弦)を、3つ同時に押さえるとどうなるかというと、下の図を見てください。1〜3の数字と矢印がありますよね。

フィンガーボードを上から見た図

1〜3を同時に押さえてみると分かるのですが、ギターや弦楽器というのは押さえたフレット(フレットレスも含めて)よりも先、つまり下の図で例えると、3番が押さえた6フレットからPU(ピックアップ)側の弦が振動します。3番の弦を離せば、当然2番が押さえている5フレットから先が鳴ります。


同じ弦を3つ押さえる図

6フレットよりも先がなる図

したがって、メジャーコードやマイナーコードを押さえるときに、同じ弦を2ヶ所押さえることはありません。



PR