ブリッジミュートとは : エレキギター

ブリッジミュート(ミュートピッキング)とは、ブリッジ付近に小指下腹にある掌のプニプニした部分(小指と手首の間)を触れさせて、ミュートしながらピッキングをします。

ブリッジに右手の小指側を当てて振動しないように止めるので、ブリッジミュートといいます。やり方のコツは、右手を当てながらピッキングしようとすると、動かしにくいと感じるかもしれません。手首をスナップするようにピッキングをするとやりやすいです。

それでは、エレキギターを持ちブリッジに右手を当てて、好きなコードを押さえてピッキングするもよし、適当にジャカジャカと弾いてみて練習してみましょう。



ブリッジ・ミュートのやり方


ブリッジミュートする場所

左の図のように、ブリッジから数mmから1cmの付近に右手(小指の下と手首の間)を当てます。

ピッキングは、手首をスナップ(ドアノブを回すような動き)させます。



カッティングやブラッシングとの違い

同じミュートを応用したテクニックなのに、何が違うのかをちょっとだけ紹介します。カッティングは音を鳴らしてから音を止めるのに対して、ブラッシングとブリッジ・ミュートは音を止めてピッキングをします。

もう少し付け足すと、カッティングはピッキングをして音がしてから止めるので、ドミソとかシレソとか何らかの音程が聴こえます。でも、音をあらかじめ止めてピッキングをするブリッジミュートやブラッシングは、弦そのものの音がするだけで音程はありません。


PR