カッティングとは : エレキギター

カッティングとは、ミュートを応用したテクニックで、簡単に説明するとピッキングした直後に音を止めます。音を止める手は、左手あるいは右手どちらでも構いません。

左手でやるカッティングのやり方とコツは、通常であればピッキングをすると「ジャラーン」となりますよね。それを、ピッキングした直後にコードを押さえている手をミュート(力を抜く)すると、弦の振動を止めるわけですから「ジャ」で音が止まります。

右手のやり方も同じですが、右手は小指の下と手首の間のプニプニした部分を、ピッキングした付近に右手を当てて振動を止めます。まずは、「ジャラーン」と鳴らしてみて右手を当てて振動を止めてみましょう。慣れてきたらピッキングして直ぐピタっと弦に触れるを繰り返すを練習しましょう。

それでは、手元にエレキギターを用意していると思うので、1本だけ開放弦で鳴らして練習したり、コードを押さえて練習したりやってみましょう。



ブリッジミュートやブラッシングとの違い

同じミュートを応用したテクニックなのに、何が違うのかをちょっとだけ紹介します。カッティングは音を鳴らしてから音を止めるのに対して、ブラッシングとブリッジ・ミュートは音を止めてピッキングをします。

もう少し付け足すと、カッティングはピッキングをして音がしてから止めるので、ドミソとかシレソとか何らかの音程が聴こえます。でも、音をあらかじめ止めてピッキングをするブリッジミュートやブラッシングは、弦そのものの音がするだけで音程はありません。


PR