トリルとは : エレキギター

トリルとは、ハンマリングオン(ハンマリング)とプリングオフ(プリング)を交互に連続させて、音を鳴らすテクニックのことをいいます。ハンマリングとプリングがちゃんと出来るようになれば挑戦してみよう。

トリルのスピードや長さは自由です。こういうと最初は戸惑ったり困ってしまうかもしれませんが、自分が思い描く曲のイメージ(自分なりの解釈)があるとします。その曲の中のある場所でトリルを用いるときに、素早く2つの音を鳴らしたほうがいいのか、ややゆっくりが良いのかはバランスを考えましょう。

やり方のコツは、トリルの最中にずっと押さえている指(例えば人差指)と、叩いたり弾いたりする指(例えば薬指)は同一のはずです。叩いたり弾くほうの指は、指だけで弦を叩いたりせず手首も使うようにしてみよう。それでは、エレキギターを手元に準備しているでしょうか、ピックをもって練習してみましょう。

  • H&P・・・・・・・・・・・・五線譜やタブ譜でのトリルの指示記号はH&Pで書かれます。

トリルのやり方 : 音を繋ごう


ハンマリングオン

3弦5フレットを人差指で押さえてピッキングしてみよう。そして、人差指を離さずに薬指で3弦7フレットをエイっと押さえます。



ハンマリング2

押さえてみて音程は高くなりましたか?もし高くならないとか、音は高くなったけど弱々しく鳴っている場合は、勢いが無くて弦の振動が弱まってしまったのではないかと考えます。つまりミュート気味になったのかと思う。



プリング2

ピッキングしたら薬指を素早く離します。このときに弦に指を引っ掛けて、バネの反発力をいかして指を離します。

またハンマリングをします。この繰り返しです。


PR