プリング・オフとは : エレキギター

プリングオフ(プリング)とは、押さえている指で弦を弾くように離して音を出すことをいいます。ハンマリングは低い音から高い音へ繋ぐ場合に用いるテクニックでしたが、プリングは高い音から低い音を繋いで出すときに使うテクニックです。

やり方のコツは、弦を指でひっかけてビシっと離します。この時に、押さえていた指をゆっくり離したのでは、ミュートをするだけです。

上手くいなかない時のコツは、指で押さえている弦の力を抜かずに指をずらしていきます。そうすると、指にかかる弦がだんだんと指先の方へ移動することになり、弦を押さえる面積が無くなれば必然的にビシっと勢いよく戻ります。

ハンマリングとの違いは、音のつなぎ方が叩くか指で弾く違いが一つ。低い音から高い音あるいは高い音から低い音へと音をつなぐ高さの出発となる音が違うということです。それでは、エレキギターを手元に準備しましたでしょうか、ピックをもって練習してみましょう。

  • P・・・・・・・・・・・・・五線譜やタブ譜でのプリングの指示記号はPで書かれています。

プリングのやり方 : 音を繋ごう


プリング1

3弦5フレットを人差指で押さえて、3弦7フレットを薬指で押さえたら3弦をピッキングしましょう。



プリング2

ピッキングしたら薬指を素早く離します。このときに弦に指を引っ掛けて、バネの反発力をいかして指を離します。

高い音が低い音へと音程が変わったと思います。

やり方のコツは、何度(1〜2回の人もいれば、数日以上の人も)かやっていくうちに自然と身についていきますが、いくつか上手くいかない原因を想定してアドバイス。

1つ目は、弦をギューッと押さえすぎて、チョーキングみたいになってしまう場合。こういうときは、弦をピッキングするような感じをイメージしてやってみてください。弦を弾くときって、ピックの先でずーっと押さえつけてから離していませんよね。プリングをするときも、指板に少しは押さえつける感じはありますが、ギューとは押し付けていません。

2つ目は、弦を押さえる力が弱すぎるのではないかなという場合。この場合は、ギュッと握ってパッと離す感じ。もちろん弦を指で引っ掛けながらです。この感じでトライしてみてください。

ギター・オノマトペで上手く表現出来たか心配ですが、この表現を参考にして遊びながらでオッケーですので、プリングを会得してくださいな。


PR