ビブラートとは : エレキギター

ビブラートとは、弦を押さえながら上下に繰り返し動かして、音を震わせるテクニックのことです。動かす幅を小さくしたり、大きく動かすことによって音程の幅も変わります。

チョーキングをするように、弦を押し上げ(下げ)て素早く元に戻すを繰り返せばいいです。だから、チョーキング・ヴィブラートといいます。

チョーキングをして弦を上げ下げするやり方と、チョークダウンをして弦を上げ下げするやり方があります。指だけで弦を動かさないで、手首を使うといいですよ。

  • Vib・・・・・・・・・・・・五線譜やタブ譜には、Vibと書かれてあります。


ビブラートのやり方 : チョーキング・アップからVib


ビブラートのやり方

ピッキングしてから、弦を押し上げて元の位置に戻すを繰り返します。

上げ下げの幅やスピードを変えて、雰囲気を醸し出します。



ビブラートのやり方 : チョーキング・ダウンからVib


チョークダウンからビブラート

チョークダウンからビブラートをする場合。1弦以外は押し下げても、フィンガーボードから外れることもないので、どんな弦でもいい。

やり方は、ピッキングしてから弦を押し下げて元の位置に戻すを繰り返し。



ビブラートのコツ

左手のフォームをしっかりとすること。あと、エレキギター初心者さんがよくやるのが、フィンガーボードを覗き込みながら弾いたり、ギターのトップが天井を向くぐらい寝かせすぎていると、コードも押さえにくいしビブラートもしにくいのではと思います。


PR