チョーキングとは : エレキギター

チョーキングとは、押さえた弦を押し上げたり(押し下げたり)することにより、音程を変えることをいいます。主に高音弦は押し上げ、低音弦は押し下げます。また、押し上げた(押し下げた)弦を元に戻す事をチョークダウンといいます。

チョーキングするといっても適当にずらせば良いわけではなくて、押し上げる加減によって半音、1音、1音半、2音とに分けられます。タブ譜(TAB譜)でも上げる強さを表記してあり、1音上げる場合はCで表され、Dはチョークダウン(戻す)するという意味です。



チョーキングのやり方 : 簡単編


指板

まず左手の薬指で3フレットの2弦を押さえてください。押さえたら右手で2弦をピッキングします。

ピッキングしたら2弦を押さえたまま3弦方向に押し上げます。



チョーキングしている図

押し上げると音程が変わるのが確認できます。これをチョーキングするといいます。

リズムをとりながらイチ・ニと4拍したら、力を抜いて元の位置に戻ります。戻ることをチョークダウンといいます。



低音弦のチョーキングは押し下げるとよい


チョークダウン

1弦や2弦の高音弦は押し上げていましたが、5弦や6弦はフィンガーボードから外れてしまうので押し下げます。とりあえず、1本だけなので、親指や中指で押し下げてみましょう。



タブ譜での表記

バンドスコア等のタブ譜に書いてあるチョーキングの記号は以下です。

  • H.C・・・・・・・・・・・・半音上げます。
  • C・・・・・・・・・・・・・・1音あげます。
  • 1H.C・・・・・・・・・・・1音半上げます。
  • 2C・・・・・・・・・・・・・2音上げます。
  • D・・・・・・・・・・・・・・元に戻します。パッと放すのではなく、力を抜いて元の音程にする。
  • U・・・・・・・・・・・・・・最初からチョーキングしてピッキングをする。これをチョークアップという。

一言

音程を聴きとりながら半音上げ、1音上げチョーキングをするのは、慣れるまで難しいかもしれないけど、遊びながら覚える感覚で音程の変化を加減しながら練習してみよう。

あとは、タイミングよく出来るように暇があれば練習することと、押し上げたり下げたりのスピードを調整(コントロール)出来るようになりましょう。


PR