ブラッシングとは : エレキギター

ブラッシングとは、コードを押さえている左手、あるいは弦を押さえている左手でミュートをしながらピッキングすることをブラッシングといいます。

やり方のコツは、弦をフレットに押さえつけない。あくまで弦に指が触れるだけです。右手のピッキングも、ピックを強く握りすぎないで軽やかにストロークをすること。



ブラッシングのやり方 : 弦は押さえない


駄目な例

左の図のように、フレットに弦が触っていると音が鳴ってしまうのでダメ。

押さえている力を抜いて、弦には触れているだけ。少しだけ押している


ブリッジミュート

簡単に説明すると、コードを押さえている状態をミュートにします。

フレットから弦が浮いている状態で、アップピッキングとダウンピッキングをすると、ジャカジャカと音がします。



ブリッジミュートやカッティングとの違い

同じミュートなのに何が違うのかというと、ブラッシングとブリッジ・ミュートはミュートをしながらピッキングをする。大雑把に言うと右手か左手かの違い。

カッティングは、ピッキングをしたあとに左手あるいは右手で音を止めるということです。つまり、音を止めて鳴らすか、音を鳴らしてから止めるかの違いです。厳密にいうと違うのですが、ためしにブラッシングとブリッジミュートをやってみてください。鳴らしてみると違いがわかるはずです。



PR