レスポールタイプの弦の交換方法

レスポールタイプ(テイルピース)の弦を交換する方法です。弦の張り替えが初めてでも出来るように、出来るだけ初歩から説明をしています。


レスポール
テールピースの画像


用意するもの

  • 弦(1弦〜6弦のセット)・・・・・・・初心者は009〜042、女性は008〜038と書いてる弦がおすすめ。
  • ニッパー・・・・・・・・・・・・・・・・・・弦を切るときに必要です。家にあるものでOK。
  • ストリングワインダー・・・・・・・・必ずしも必要ではないが、あればペグ回しが楽になります。


1:弦を切る前に緩める


ペグを回す

両側にあるペグがあるヘッドの場合、6〜4弦のペグは右回し、3〜1弦は左に回すと弦を緩めることが出来ます。この時に、ストリングワインダーがあると便利。6本全部ゆるゆるにしたら、ペンチを用意します。

ペグを緩めないで弦を切ると、引っ張られていた弦が反動で顔に飛んでくることもあるので、6本の弦を忘れずに緩めておきましょう。



2:弦を切ります

弦を切ります

ビローンと緩めたら、ペンチを持ちネックの真ん中辺りを切ります。

切らずにテールピースから弦を抜くと、ペグ側の弦(巻き癖)が、穴に引っ掛かる事があり手間取ります。



3:弦を抜きます。

切断した弦の切り口は刺さりやすいので、気おつけながら作業をすすめましょう。ペグにあるストリングポストとテールピースから弦を外します。このときに、テールピースがバラバラにならないように注意。

ペグから抜き取る
テールピースから抜く


4:指板やフレットをピカピカ

弦交換のついでに、レモンオイルやオレンジオイルを使って、指板やフレット周りも拭いておきましょう。人差指に布を巻いて、指の先に少しオイルを染み込ませて拭きます。



5:弦の取り付けはテールピースから

テールピースから弦を入れる

弦の末端にはポールエンドという穴があるので、そこを通します。

取り付ける順番はテールピースを通して、ヘッドのストリングポストの穴という順序です。



6:ポールエンドの確認

ブリッジから弦を引っ張り出したら、ポールエンドがちゃんと引っ掛かっているか確認しましょう。手前で引っ掛かっていたりすると、チューニングが安定しない原因になります。



7:ペグの穴にとおします

弦を張る順番は、6弦(E)、1弦(E)、5弦(A)、2弦(B)、4弦(D)、3弦(G)の順番(内・内・中・中・外・外)です。まずは、6弦(E線)をストリングポストの穴に内側から通します。

6弦に通す
弦を差し込む位置


8:1回巻きます

ストリングポストの穴に通したら、ペグを回す前にやることがあります。ストリングポストの先端から弦を5〜6センチ戻し緩みをもたせます。そして、弦を持ちストリングポストに1回巻いてからペグを回し始めます。

巻く方向は、ペグを回したときにストリングポストが回る方向と、逆側に弦を巻きます。ストリングポストが回る方向は、以下の9にあるヘッドの画像で確認できます。

上に一回巻く
一回巻いた状態


9:ペグを回します

巻き取る方向

ペグの巻き方は、6〜4弦は左に回して張ります。弦は下へ下へと巻き取られるように、弦を持って調整しましょう。

巻き終えたらチューニングをして、余った弦をカットします。



10:チューニング

チューニングする順番は、6弦(太い弦)から5〜1弦へとチューニングをしていきます。弦を交換した直後は、チューニングが安定しないので、最後の1弦を調整したら6弦を開放で鳴らしてみて、音程がズレていないかを確認して、ズレていれば同じ作業の繰り返しです。

シールドを接続するチューナー(チューニングメーター)は、チューニングする際にギターのボリュームを最大にしておきましょう。ボリュームが最小だとメーターの針が動かず、ペグを回しすぎて弦を切る可能性もあるので、おかしいなと思ったら確認してみましょう。

クリップ式のチューナーを使っていて、針が動かないときはクリップで挟んでいる位置を、少し動かしてみましょう。



おわりに

以上でレスポールタイプの弦交換の仕方をおわります。

最初の1〜2回は慣れていないので、張り替えるまで時間が掛かると思いますが、やるたびに自分なりのコツをつかんでくるので、次第に早くなります。

でも、練習する時間が中々とれない方は、交換に時間をかけるよりも弾きたいですよね。そういう方は、楽器屋さんに預けて交換をしてもらいましょう。料金(工賃)は、全弦を交換してチューニングをしてもらうと約1000〜1800ほど(弦の代金は別ですよ)。フロイドローズ等のロック式の場合は約2500円〜(商品代金は別)のようですね。


PR