日々の手入れ : エレキギター

練習した後は専用のギタークロスを使うか、使い古しのTシャツで手汗や油脂を拭き取りましょう。弦は練習で使わなくても、月日が経てば湿気などで錆びていくものなんだけど、練習後に手汗を拭き取らないでいると錆びるのも早いです。

普段の練習後に拭いたりするのであれば、クリーナーなど何も付けずに乾拭きするだけで大丈夫です。乾拭きする場所は、ネック、指板、弦、ボディです。

手入れは大事ですが、神経質になりすぎて練習時間よりも長くなってしまわないように、ほどほどにしておきましょう。手の脂などの汚れが気になるようであれば、レモンオイルというクリーナーのように使えるオイルがあります。

レモンオイルのお値段は850円前後なので、予算やお小遣いに余裕があればついでに買っときましょう。頻繁に使うわけではないので、アコギとエレキ兼用で使っていますが2年ほど持ちそうです。使い方は、乾拭きとは別の布(ティーシャツとか)に少し染み込ませて、ネックの表面がうっすら濡れる程度で十分。いつまでも乾かずにビショビショにするのはよくない。

専用のギタークロスは、エレキギターを買った時のセットか、店員さんのすすめで買った人も多いかと思いますが、これからギターを買おうかなと思っている人は、使い古しのTシャツやタオルなど用意出来れば、すぐに買わなくても良いですよ。



手入れの方法 : 簡易版

やり方などの手順は気にせず、こんなふうにやるんだなということがわかればオッケー。

  • ネック・・・・・・・・・・・・・普段は弦の上を滑らせるようにクロスで拭く。
  • フレット・・・・・・・・・・・・たまにでいいので、フレット周りを拭きます。
  • ボディ・・・・・・・・・・・・・使用後に何もしないでいるとベタベタしてくるので、毎回乾拭きしましょ。
  • 油性膜(皮脂とか)・・・ちょっとした汚れはレモンオイルかオレンジオイルを使い拭き取る。
  • 指板の保湿・・・・・・・使い古しの布にレモンオイルをちょっと付けて表面が少し濡れる程度でOK。
  • チューニング・・・・・・・チューニングは手入れのついでじゃなくて、練習する前と途中にやること。


オススメのメンテ用品

私が普段使っているものを紹介するので、参考にしてみてください。

  • MORRIS CLEANING CLOTH・・・・・繊維が残りにくいギタークロスで、価格も800円ほどです。
  • FERNANDES LEMON OIL・・・・・・・定番のレモンオイルです。汚れやネックの保湿に使ってます。



PR