エレキギター : ネックの持ち方、弦の押さえ方

このページでは、左手の動かし方を簡単に説明したいと思います。まず、ネックの持ち方や握り方、弦の押さえ方、指で弦を押さえる位置を学びます。



指番号:タブ譜や解説で必要

左手には指番号という各指に決められた番号があるので、この機会に覚えてしまいましょう。まず、左手の人差指が1番、中指が2番、薬指が3番、小指が4番となっています。

この指番号は、タブ譜を見るときや当サイトの説明でも使います。タブ譜とは、コードを押さえる場所や奏法の指示が書いてあります。ピアノをやっている方は、ギターの指番号とピアノとでは違うので気をつけてください。



ネックの持ち方

ネックを支える持ち方は2種類あります。1つ目は、ネックを左手で持つ際に、左手の親指と人差指の間で握ってみてください。その時に、親指の第1関節をネックの角にひっかけて、親指の第1関節を支点にして、弦を押さえる方法がロックフォーム。

2つめは、クラシックフォームといいます。これは先程のロックフォームの親指を、ネックの背中側に移動させます。そうすると、ネックを挟んでちょうど人差指の後ろに親指がくると思います。この持ち方は低音弦が押さえやすいです。(画像は準備中)



弦を押さえる時はフレットの近く

例えば2フレットにある弦を押さえたいときは、1と2ではどちらが少ない力で押さえることが出来るでしょうか、正解は1番の位置を押さえます。フレットの真上を押さえるのではなく、フレットを支点とした少し横を押さえます。


ネックの外観 フレットを押さえる位置
エレキギターの全体。赤枠を拡大したものが右横の画像です。 1番の位置が適切。

2フレットの位置はどこにあるか分かりますか、おさらいするとヘッドお隣にある弦の数だけ凹みがある台座をナットといって、ナットを0として、1フレット、2フレットと数えます。フレットは弦を押さえるときの支点になる場所です。



Q&A : 押さえる指の場所って決まってるの?

ネックのどこ、単音(1つの音)でドレミファを弾くときは指先の腹と爪先の中間付近、1本の指で複数の弦を押さえるような時には、指先で押さえつつ同じ指の根元で高音弦(5弦や6弦)を同時に押さえることもあります。



Q&A : 押さえている隣の弦が鳴る

5弦を弾こうとしたのに、4弦も弾いてしまったのか弦に触れたのか分からないけど、なぜか音が鳴ってしまう。こういう時はどうすれば良いのかと疑問に思いました。対策としては、余計な弦が鳴らないように、使わない弦は指で軽く触って音が出ないようにしましょう。

力加減は、押さえるというよりもピタっと触れる感じかな。ギターを覚えたての頃は、あまり神経質にならずに弾くこと。お隣の音を出してしまわにように意識しすぎると、本来押さえておきたい指の意識が薄れてしまうので、まずは押さえる弦をしっかりと押さえましょう。



Q&A : 音がビビるのはなぜ?

パッと思いつく原因はいくつかあります。まず1つめは、弦を押さえている力が弱い(特に薬指や小指)ことが考えられます。もう一度しっかり押さえて弾いてみてください。他にも考えられる原因はありますが、このページでは基本メインなので、省略。



Q&A : 弦をギュイーン

ユーチューブ(YouTube)やニコニコ動画(ニコ動)にアップされているPVを見てると、ギュイーンって左手で弦を動かしているのは、なんというテクニックかというと、チョーキングといいます。まずピックで弾いた時に、コードを押さえている指を浮かせずに、そのまま弦を上(位置により下もある)にずらすとギュイーンとなり、音程が変わるはずです。詳しくは、ステップ10.テクニックで解説しています。



おまけ : 他にもあるテクニック

左手は弦を押さえるだけでなく、上記で紹介したチョーキング以外にも、押さえたまま平行に何フレットか移動するスライド、他にはハンマリング・オン、プリング・オフ、ヴィブラートなどど。



PR