ピッチパイプとは

ギター用のピッチパイプ(調子笛)には、6弦から1弦までの音があります。この笛を鳴らしながら、ギターの音を出して音程を調整していきます。



弦を調整する順番

笛の音は全て弦を何も押さえない時の音です。音程を合わせるときは、1本ずつ何も押さえないで音を鳴らします。

  • 5弦・・・・・・・・・5Aの音を吹きながら5弦を鳴らして合わせます。
  • 4弦・・・・・・・・・4Dの音を吹きながら4弦を鳴らして合わせます。
  • 3弦・・・・・・・・・3Gの音を吹きながら3弦を鳴らします。
  • 2弦・・・・・・・・・2Bの音を吹きながら2弦を鳴らします。
  • 1弦・・・・・・・・・1Eの音を吹きながら1弦を鳴らします。
  • 6弦・・・・・・・・・6Eはブーとかビューとか低く分かりづらいので、最後に調整します。


レギュラーチューニングの方法

ピッチパイプを使うときは、6弦ではなく5弦の開放Aからチューニングを始めます。音を合わせるときは、ペグを少し緩めた状態から少しずつ合わせたい弦の音に近づけていきます。

音程が高いか低いかの判断は、笛を基準に判断します。音の高低は、音量のことではありませんよ。


ピッチパイプ

パイプには、6E、5A、4D、3G、2B、1Eと書いてあります。6弦の音は低くて聞き取りにくいので、最後に6弦を合わせます。

音を合わせる場所をブーっと吹きながら、ギターの音を出して合わせます。



6弦を鳴らします

まずは、5Aを吹きながらギターの5弦(A)を何も押さえない(開放弦)で一回ボーンと鳴らします。



ギターの音が低い

鳴らしたときに、笛の音よりも出した音が低ければ、ペグを左へ回す(反時計回り)。

回すときは一気に回さないで少しずつ回す。



ギターの音が高いとき

鳴らした音が、ピッチパイプよりも高い音でしたら、ペグを右に回します(時計回り)。

高い音を低くするときは、少しずつ緩めずに、一度合わせたい音よりも低くして、徐々に締めなおします。



調度良い

ピッチパイプとギターの音が合うと、同じような響きが重なりあって聞こえるので、慣れてくるとわかるようになってきます。

慣れるまではあっているか、判断が難しいですよね。



チューニングメーターで判断

もしチューニングメーターを持っていたら、最後に6弦から順番に鳴らして、チューニングメーターで確認してみよう。

こうすることにより、耳で聞く力をつけていくことが出来ます。


通販で買おうと思い楽天やAmazonで調べてみたら、ウクレレ用とかヴァイオリン用のものも売っていました。間違わないようにギター用の笛をポチってください。

値段は楽器屋でよくみるタイプで約300円〜800円でした。検索するときは、調子笛で探すとほとんど見つからないので、検索のキーワードは「ピッチパイプ」と入力するといいですよ。


PR