音叉の使い方 : エレキギター編

音叉(Tuning fork)とは、チューニングの基準となるA音(5弦を開放弦で鳴らした音)を出す道具です。音叉を使って音を調整するには、聴力を頼りに音を調整していくので慣れるまでは難しく感じますが、耳で音を聞き分ける練習になるので、ぜひ方法を覚えて挑戦してみましょう。

使い方は、音叉をヒザなどに軽く当てます。そうするとポーンという音(ラ)を出すので、エレキギターの5弦開放音(開放とは何も押さえないで弾くこと)とを合わせます。5弦の音を基準に、各弦を合わせていきます。音叉を使うのは基本的に5弦を合わせるときだけです。弦を調整する順番と詳しい手順は下記で紹介。



弦を調整する順番

チューニングは、鳴らした音と音が重なり、響き合って聞こえるように音を合わせていきます。音が重なっているか判断しにくいときは、いちどどちからかにペグを回してみましょう。そうすると明らかに音が別々にズレて聞こえるようになります。

元の音よりも、鳴らしたギターの音が低く聞こえればペグを左回し(反時計)、ギターの音が高ければペグを右回り(時計回り)に動かします。

  • 5弦・・・・・・・・・音叉の音と5弦の開放音を鳴らして合わせます。
  • 4弦・・・・・・・・・5弦5フレットと4弦の開放音を合わせます。
  • 3弦・・・・・・・・・4弦5フレットと3弦の開放音を合わせます。
  • 2弦・・・・・・・・・3弦4フレットと2弦の開放音をあわせます。3弦を押さえる時は4フレット。
  • 1弦・・・・・・・・・2弦の5フレットと1弦の開放音を合わせます。
  • 6弦・・・・・・・・・5弦の5フレットと6弦の開放弦を合わせます。


5フレットチューニングの方法

5フレットチューニングとは、音叉で5弦の開放音を合わせてから、各弦の5フレット(3弦は4フレット)の音と、合わせたい弦の開放音を合わせます。4弦の5フレットなら3弦開放です。


何かの角で音叉をたたく

音叉は下のほう(丸い部分)を持ち、机や膝に軽く当てるとポーンと音がします。

音叉を耳の近くで聞くか、口(唇は触れない)というか歯でくわえながら、5弦の音を鳴らして合わせます。


チューニングの説明で使う図は、指板のナット(ヘッド側)から5フレットまでを切り取った図を使って説明しています。フレットの位置は1,3,5で、弦の場所はE,A,D,G,B,Eで表しています。

指板の説明


1.音叉を使って5弦を合わせます


5弦の開放音を合わせる

音叉を机か膝に軽く叩いてポーンという音を出して、5弦の開放音を合わせる。この合わせた音が基準になります。音の調整は、合わせたい音が低ければ5弦ペグを左に回し、音が高ければペグを右に回す。



2.4弦を合わせます

5弦の5フレットを押さえて音を鳴らします。鳴らした音を止めずに4弦の開放を鳴らします。5弦と4弦を弾いたら、鳴らした音に耳をすましてください。音がズレて聞こえますか?重なって聴こえますか?よく分からない時は、4弦ペグを右まわしか左に回してみてください。

そうすると、明らかに4弦の音がペグを回すごとに変化して聞こえると思います。音が5弦と違って聞こえるから変化して聞こえるので、4弦の音が5弦の音と重なって聞こえるようにペグを回してみましょう。ちょうど良さそうなところでオッケーとしましょう。

5弦の5フレット
4弦の開放


3.3弦を合わせます

4弦の5フレットを押さえて鳴らした音と、3弦の開放音を鳴らして音を合わせていきます。音の調整は3弦のペグです。こちらも神経質になりすぎずに、ちょうど良さそうなところで次の弦に移りましょう。

4弦5フレット
3弦開放


4.2弦を合わせます

3弦の4フレットを押さえて鳴らした音と、2弦の開放音を合わせる。調整は2弦ペグです。3弦だけは4フレットですので、間違えないようにしましょう。

3弦4フレット
2弦開放


5.1弦を合わせます

2弦の5フレットを押さえて鳴らした音と、1弦の開放音を鳴らして合わせる。調整は1弦ペグを回します。

2弦5フレット
1弦開放


6.6弦を合わせます

5弦は何も押さえずに開放音を鳴らして、6弦の5フレットを鳴らして合わせます。調整ペグは6弦です。

5弦開放
6弦5フレット

チューニングは、1週間に1回するというものではなく、練習をやり始める最初と練習の合間にタイミングを見計らってやります。慣れてくるとチューニングが狂ったな?というタイミングが分かってくるようになるので、こまめにチューニングします。

もしめんどくさいと感じるようであれば、クリップ式(コルグのAW-2G)チューナーが便利ですので、最初だけ音叉を使って練習の合間はチューナーを使いましょう。これなら全部オープンチューニング(1本ずつ開放で鳴らす)が出来るので簡単ですね。


PR