クリップ式チューナーの使い方

クリップ式チューナーとは、シールドを接続しないチューニングメーターのことで、クリップをエレキギターのヘッドに固定し、鳴らした音を画面に表示します。このクリップ式チューナーは、エレキベースや管楽器にも使えるのでギター初心者にも使いやすいです。

使い方は、ギターの音を出して画面を確認して、画面上の針が真ん中にくるようペグを回して音を合わせていくだけです。詳しくは、下記のチューニングのやり方を参考にしてください。



レギュラーチューニングの方法

弦を交換した時にやるのであれば、弦がゆるゆるの状態だと針が動かないので、弦を真っ直ぐな状態にしてから作業を始めます。

チューニングをするときは、基本的にペグを少し緩めた状態にしてから、少しずつ合わせたい弦の音に近づけていきます。


クリップでヘッドを挟む

クリップをヘッドに挟みます。チューナーがグラグラしないように、しっかりと安定するように取り付けます。

マイクを使用する場合は、ギターの音量を最大して、アンプから音をだす。



ピエゾにする

電源ボタンをオンにしたら、MIC/PIEZO(マイクorピエゾ)のボタンを押して、ピエゾを選択します。液晶右上にPIEZOの文字が出ることを確認。

ピエゾは、弦の振動で音を認識します。



6弦を鳴らします

6弦(E)を開放(何も押さえない)で一回ボーンと鳴らします。他5本の弦は軽く触れてミュートしておきましょう。

もし針が動かなければ、取り付け場所を変えてみてください。それでだいたい動きます。



音程が調度いい

ギターが出した音を認識して、鳴らした音を画面に表示。調度いいと、針が真ん中で3本になり合っていることが表示されます。

E,A,D,G,B,Eの順番を覚えておけば、ペグを締めます。



音が低い時の画面

画面にEと表示されていますが、限りなく近い音であるがまだ低いですよという場合、針は左側のLow付近を指します。ペグを締めます。一気に回さないで、少しずつ回します。この時に、鳴らした音が小さくなったら、また一回弾きます。



音が高いときの画面

音程が高いと針は真ん中よりも右に動きます。音程が高い場合は、微調整しながら下げるよりも一度真ん中よりも下げて、またまたペグを回してます。

上記で説明したKORGのAW-2Gというチューナーは、シールドを接続せずに弦の振動やマイクで音をひろって、出された音に限りなく近い音を表示してくれます。

非常に便利で、エレキベース、ウクレレや管楽器(サックスや)にも使用できるすぐれもので、楽天やAmazonのレビューでも評判が良かったです。音叉かピッチパイプとセットで購入してみてはどうでしょう。お値段も約1800円なので、初めて買うならオススメだと思います。


PR