チューニングに必要なもの

チューニングする道具には、電池を必要とするデジタルチューナーと、音叉やピッチパイプという道具を用いて音程を合わせるものがあります。チューニングメーターは、エレキギターとエレキベース兼用のものが約2000円で買えますので、一つあればずーと使えます。

アコースティックギターを持っているのであれば、クリップ式のチューナーがシールドを接続しなくても使えるので便利です。以下に代表的な道具を紹介します。




チューナー一覧

  • チューニングメーター・・・・・・・・・クリップ式とシールドを接続して調整する方法。一番簡単。
  • クリップ式チューナー・・・・・・・・ヘッドを挟むだけ。アコースティックギターにも使える。
  • 音叉(Tuning fork)・・・・・・・・・音叉は慣れるまで大変だけど、耳で音を聞き分ける練習になる。
  • ピッチパイプ(調子笛)・・・・・・・・各弦の音が出ます。笛を吹いて音程を調整するものです。


1:チューニングメーター


エレキギターはシールドをチューナーに接続して使います。

合わせる弦を1本ずつ開放え鳴らして、画面を見ながら音を合わせられるので初心者におすすめ。値段は約2000円〜



2:クリップ式チューナー

KORGのクリップ式

チューニングメーターのクリップ版で、シールドは必要ありません。使い方は、クリップをヘッドに挟み、合わせたい弦を開放で鳴らして、あとは液晶画面を見ながら調整。値段は約1800円ほどです。



3:音叉(Tuning fork)

音叉

音叉は音楽をするうえで基本となるA音(ラ)を出すものです。値段は約500円〜。

使い方は、机の角や膝を軽くたたいてポーンという音を出しながら、5弦(A)を開放で鳴らして音程を合わせます。



4:ピッチパイプ(調子笛)

ピッチパイプ

ギター用(ウクレレは4つ口)のピッチパイプは、E,A,D,G,B,E(6弦〜1弦)の音を出すことが出来る笛です。ピューっと吹いて、一本ずつ開放弦を鳴らして音程を合わせます。音叉よりも簡単で、しかも約500円。



おすすめチューニング用品

実際に使っている道具です。楽天とAmazonにあるレビューでも評判は良いようです。私がよく使用しているのは、AW-2gというクリップ式のチューナーで、ギターのヘッドを洗濯バサミのように先端部分を挟んで使用します。アコースティックギターにも利用出来るので重宝しています。

  • BOSS TU-12EX・・・・・・・・・・ベースと兼用で、アナログ針なのでで微妙な動きが分かりやすい。
  • KORG AW-2g・・・・・・・・・・・・・クリップ式チューナーのチューナーで、普段はこれを使ってます。
  • KORG GA-1・・・・・・・・・・・・・・価格が安くてギターとベース兼用です。値段は約2000円ほど。
  • TF-A 440Hz・・・・・・・・・・・・・・SPRITEブランドの音叉で、私も使用しており値段は500円程。

PR