チューニングとは

弦楽器や管楽器は、必ずチューニングが必要です。エレキギターは、6弦からE,A,D,G,B,Eと音が決められていますよね。ギターの弦は絶えず引っ張られているため、少しずつ音がズレていきます。そのために、チューニングをしないと鳴らしたい音が出ません。

他にも、ドロップDという6弦だけDにする方法があり、パワーコードを指1本で押さえることが可能です。このページでは、調律する道具、チューニングメーターや音叉を用いた使い方を紹介。また、半音下げやドロップDのやり方も解説します。



チューニングのやり方

道具別に使い方と音程の合わせ方を、図と画像を用いてやさしく説明しています。


  • チューニング用品・・・・・・・・・・一般的なチューニングに使う道具を紹介。
  • チューニングメーター・・・・・・・・・表示画面を見ながら合わせるので誰でも簡単に使える。
  • クリップ式チューナー・・・・・・・・ヘッドを挟むだけ。アコースティックギターにも使える。
  • 音叉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・膝などで音叉を軽く叩いて、音を聞きながら音程を合わせる。
  • ピッチパイプ(調子笛)・・・・・・・・笛を吹いて、音を合わせる。
  • 5フレットチューニング・・・・・・・同じ音が隣の弦にあるので、それを元に調整。
  • 受話器の音・・・・・・・・・・・・・・・・これネットでよく書かれていますよね。本当のところどうなの?


特殊なチューニング

上記ではオーソドックスなチューニングを紹介しましたが、他にもドロップダウンチューニングなどがあるので、必要な時にでも参考にしてみてください。

  • Drop-Dチューニング・・・・・・・6弦だけ1音下げるチューニング。パワーコードが指一本で出来る。
  • 半音下げチューニング・・・・・・全部の弦を半音低くします。
  • 1音下げチューニング・・・・・・半音を更に半音下げます。低くズンズンしたサウンドになります。
  • オープンチューニング・・・・・・どの弦も押さえずに全弦を鳴らしたとき、コードの音になります。
  • オクターブチューニング・・・・・開放弦の音程は合っているが、押弦すると音程が狂うときにする。

PR