エフェクターとは?

エフェクターとは、ギターの音をアンプで歪ませるよりも、もっと歪ませ(ひずませ)たり、色々な効果をつけることが出来ます。色々な種類がある単品のコンパクトエフェクターと、いくつもの種類を一つにまとめたマルチエフェクターがあります。他にも似たようなもので、アンプシミュレーターというのがあります。

ギターを始めたばかりであれば、コンパクトエフェクターを一つ買ってみて、ある程度機能や調整に慣れてからでも遅くはないです。このページでも使い方やいくつか音作りしたセッティングを公開していくので、予算に余裕があって探究心のある方であれば買うのもありです。



色々なエフェクター

以下で紹介しているのは一部です。

  • オーバードライブ・・・・・・・・・・・・・・歪み系。ディストーションよりマイルドな歪みです。
  • ディストーション・・・・・・・・・・・・・・歪み系。とにかく歪ませたいならこれ。
  • コーラス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・空間系。広がりのあるサウンドでクリアな音に使用。
  • フランジャー・・・・・・・・・・・・・・・・自衛隊の飛行機が上空をヒューーーーっと過ぎ去った音になる。

色々あってはじめは何を選べばいいのか悩んだら、とりあえず最初は定番ですが、BOSSというメーカーのBD-2 Blues Driverを選んでみてはどうでしょう。価格は8千円〜9千円ぐらいです。

ギターを始めたばかりで、数種類のエフェクトを備えたミニアンプを持っているのであれば、とりあえず今持っているミニアンプでしばらく練習することをオススメします。あれこれ機材を見ていると、あれもこれも欲しくなってくるので不満がない限りは急いで買う必要はないです。



繋ぐ順番

簡単に説明すると以下のようになります。いずれ、もっと詳しく記述しますね。

ギター ⇒ エフェクター ⇒ アンプ + ヘッドホン(家で練習)

ギター⇒マルチエフェクター⇒ヘッドホン



PR