エレキギターの各部名称と機能

エレキギターは、大きく分けるとヘッド、ネック、ボディの3つに分けることができます。ギターの各部名称は基本的に、アコースティックギターもエレキギターも同じです。以下に紹介している2つのタイプもほとんどが同じ名称になっています。



ストラトキャスタータイプの各部名称

ストラトの各部名称
レスポールタイプの各部名称

レスポールの各部名称

  • ヘッド・・・・・・・・・・・・・・ストラトは片側にペグが6つ、レスポールは片側にペグが3つ。
  • ネック・・・・・・・・・・・・・・ネックという土台に指板を張り合わせています。
  • ボディ・・・・・・・・・・・・・・木材で出来ています。塗装の厚みによっても音が変わる。
  • ペグ・・・・・・・・・・・・・・・チューニングの際に、ペグで弦を緩めたり締めたり調整するところ。
  • ナット・・・・・・・・・・・・・・各弦を通す溝があり、ヘッドとネックの境界にあり弦を支えている。
  • フレット・・・・・・・・・・・・通常は弦と接していない状態。位置により音程が決まっている。
  • ポジションマーク・・・・・フレットの位置を確認でき、3,5,7,9,12,15,17,19,21に印がある。
  • フィンガーボード・・・・・指板ともいう。決められた位置にフレットが埋め込まれている。
  • ピックガード・・・・・・・・・ピックで弦を弾く際に、ボディを傷つけないためにある。
  • ピックアップ・・・・・・・・・弦の振動を電気信号に変えてアンプに送る。
  • ブリッジ・・・・・・・・・・・・ナットと同じく弦を支えている。弦の高さやピッチを調整できる。
  • アウトプットジャック・・・音を出力するためのシールド(ケーブル)を挿し込む場所。
  • トレモロアーム・・・・・・主にストラトに付属。ブリッジに付いているレバーで音程を変化させられる。
  • テールピース・・・・・・・弦の末端を固定する。ストラト系はブリッジと一体化しています。

PR