スタンドorホルダーとは

エレキギターを立てかけておくものです。練習後に毎回ソフトケースにしまうと、ちょっと手元に持ってくるという作業が億劫になるので、すぐ手に取れるスタンドを用意すると便利です。スタンド以外では、壁に取り付けるホルダーというのもあるので、ご自分の使い勝手に合わせて、勝手しばらくしたら部屋のインテリアにならないよう頑張ろう。価格も楽器屋で数百円から5,000円ほどなので、好みのものを選択してください。


あと、親から貰った古いギターや中古のオールドギターの場合は少し注意してほしいのですが、オールドギターといわれる古いエレキギターの塗装には、ラッカー塗装が使用されています。このラッカー塗装をスタンドに使われているゴムが、ラッカーを侵してしまうので、そうならないようにゴムに布やギタークロスをかけて保護してください。最近のギターはコストが掛かるので、ラッカー塗装ではありません。難しく考えずに、ゴムの部分にカバーをしておけばいいですよ。



スタンドの種類

1本掛けのタイプは、各社から色んな製品が販売されています。HERCULESは、ホルダーが自動でネックをロックしてくれます。楽器でよく見かける数百円のものでも、置いておくだけなら使えるので、予算を削ってまでこちらを買う必要はないが、レビューでの評判も良いので、おすすめを探している方はどうぞ。

やり始めてまもない頃は、あっても邪魔なだけの存在なので買う必要はないですが、ベースがやりたいとかレスポールが欲しいとか、次第にもう1本、もう1本となってきます。その時でも遅くはないです。

壁掛けのギターハンガーです。部屋の床上がスッキリするので、スペースを広く保つことができます。
使い方は、フックというかホルダーに、ヘッドをぶら下げるようにして固定します。

PR