マルチエフェクターとは

マルチエフェクターとは、歪み系(※1)や空間系(※2)等、複数のコンパクトエフェクターを1つの機器にまとめたものをマルチエフェクターといいます。エフェクター以外にもアンプもシミュレートしている機器もあります。価格は約6,000円(ネット3,600円から)ぐらいから売られています。


種類を見た目で分けるとペダルが付いているものと、付いていないモデルの2種類です。ペダルは、ワウやボリューム等をコントロールすることが出来るので、ライブで使うのか自宅練習なのか、使用目的に合わせて選びましょう。ペダルが無いモデルにも、別売りのオプションがあれば付けられます。


ZOOM G2Nu ZOOM G2.1Nu


おすすめ

評判やレビューが良かったものを紹介。設定の仕方は説明書以外にも、YouTubeで世界中のギタリストたちが動画を公開しているので、効果や音色を確認したい方は参考にしてみよう。


KORG AX3G
KORG GT-10
ZOOM G2
ZOOM
BOSS GT-10
BOSS GT-10
ギターケースのポケットに入るサイズです。コンパクトながらフットスイッチがあります。 マルチエフェクター初心者向け。G2Nuはペダル無し、もう少し予算をアップすればG2.1Nuのペダル有りを買えます。 GT-10は空間系が豊富で、レビューでも評価が高いです。ギター再開組の方は、こちらも候補に入れてみてはどうでしょう。


アンプシミュレーターとの違い

機能が似ているものに、アンプシミュレーター(アンシミュ)があります。マルチもアンシミュもお互いの機能を備えていることが多いのですが、何が違うのかというとアンプシミュレーターは主にギターアンプの音をモデリングしていてエフェクト機能も備えてる。マルチエフェクターはその逆です。つまり、簡単にいってしまうとどちらを主体としているかの違いだけです。


最近の製品は、アンシミュもマルチも似たような機能を備えているので、メーカーのサイトやYouTubeなどで音を確認し気に入ったものを購入してください。


PR