エフェクターとは(コンパクトエフェクター)

エフェクターとは、音を加工して何かしらの効果をあたえる道具のことです。エフェクターの役割は、ピックアップでひろった電気信号を機械で加工してアンプへと電気信号を送ります。


エフェクターといっても色々な種類があり、例えば、音を歪ませる事に特化したモデル、空間的な広がりをもたせる事に特化したモデル等があります。そして、これらの機能を一つにまとめたものをマルチエフェクターといいます。


また、コンパクトエフェクターは、機能が特化しているので、つまみを回せば直ぐに効果を確認できます。そのため初心者にも扱いやすいです。価格は有名メーカーで8,000円〜9,000円(最安は3,000円以下)ぐらいです。初めて買うのであれば、自宅練習ならオーバードライブかディストーションを買ってみましょう。あと、小型ミニアンプにもエフェクターが内蔵されているものもあるので、内蔵されているのであれば、とりあえずアンプに内蔵されたエフェクターで楽しもう。



本来はアンプで歪ませる

コンパクトエフェクターの中で、オーバードライブやディストーションといった歪み系エフェクターがあります。この歪み系エフェクターを使わないと、ギターの音色を歪ませられないというとそうではありません。本来音を歪ませるには、アンプのボリュームを最大(フルテン)にすれば歪みます。あえて歪み系を接続するのは、アンプよりも幅広い音作りが可能だからということです。

歪み系と違い空間的な広がりを持たせるコーラス等は、アンプ(エフェクト機能が無いもの)では難しいので、空間系を導入するのはありです。ここでいいたいのは、歪み系を使ってはダメだということではなく、歪ませるには必ずしもエフェクターを買う必要はないということです。

使い方

ディストーションの定番BOSS DS-1を例として紹介。エフェクターを使用する時は、エレキギターとアンプの間に接続します。効果を加えたい時は、PEDAL SWITCH(ペダルスイッチ)を踏んで、オンとオフを切り替えます。各つまみの意味は、ご自分でいじってみれば直ぐにわかるので、簡単に説明を書いておきました。


BOSS DS-1
TONE(トーン)は、歪みの音質を調節。右に回すと低音域をカットして高音域をブースとさせ歯切れの良い音になる。左に回すと高音域をカット。
DIST(ディストーション)は、右に回すほど深いディストーション(歪み)とサスティーンを得られる。
LEVEL(レベル)は、エフェクト時の音量調節。


エフェクターのつなぎ方(繋ぐ順番)

効果の違うコンパクトエフェクターをいくつも繋ぐことにより、表現の幅を広げることが出来ます。ただし、繋ぐ順番(組み合わせ)を守らないと、エフェクターの効果を発揮出来ないこともあります。順番を守れば個々の機能を足すことが出来ます。以下の図では、初心者向けにつなぎ方を紹介してみました。


繋ぐ順番
VOX Pathfinder10 BOSS CE-5 BOSS DS-1 Ibanez GIO
アンプが一番最後です。ヘッドホンを挿しても良いですよ。 空間系のコーラスはこの位置です。画像はボスのCE-5。 歪み系のディストーションはこの位置です。画像はボスのDS-1。 エレキギターはもちろん最初。画像は2万円台のアイバニーズGIOシリーズ。



コンパクトエフェクターの種類

色んな種類がありますが、ここでは一部を紹介します。


  • オーバードライブ・・・ディストーションよりも歪み方がマイルド。ピッキングの強さで歪みが変化。
  • ディストーショ・・・・・オーバードライブよりも歪みます。ピッキングの強さに関係なく歪む。
  • ディレイ・・・・・・・・・やまびこ(エコー)のような効果。音を遅らせるタイミングを設定できます。
  • コーラス・・・・・・・・・綺麗な響きになります。
  • ワウペダル・・・・・・ペダルを踏んで弾くとワウワウと鳴る。オンとオフを繰り返すとチャカポコ。

PR