ピックとは : 種類や硬さ

ピックとは、エレキギターの弦を弾くための道具です。ピック1つの値段は、数十円がほとんどで高くても数百円です。ドラえもんやリラックマ、キティーちゃん等のキャラクターが描かれているピックもあったり、穴が開いてたり、滑り止め加工がしているものなど種類が豊富で、最初はどれを買おうか悩むかもです。

ピックの種類や形状

ピックの形状は、主にティアドロップ(涙の形)、おにぎり型(おむすび)、トライアングル(逆三角)があります。材質は主にプラスチック、セルロイド(※1)、ナイロンがよく売られています。

ティアドロップ

FENDERのティアドロップ
おにぎり型

FENDERのおにぎり
トライアングル型

DUNLOP



ピックの硬さ

ピックの硬さは、薄いものから硬いものへと順番に表記すると、LIGHT(ライト) or THIN(シン)※2、MEDIUM(ミディアム)、HARD(ハード)、HEAVY(ヘビー)と表されます。他にもピックの厚さで表している場合もあり、色々なサイズがありますので一つの目安としては、0.50mm(THIN)、0.80mm(MEDIUM)、1.00mm(HEAVY)とこんな感じです。



選び方

選び方は、ピックの形、硬さで選びます。演奏者の好みや曲により使い分けます。エレキギターをこれから始める初心者は、最初にどのような物を買ったら良いのか迷うと思うので、まず形状は、おにぎり型とティアドロップを選び、硬さはTHINとMEDIUMを1つずつ買ってみましょう。 定番のピックは、Fender Classic Celluloid Picksが上げられます。



キャラクターもの

ドラえもんやキティーちゃん、リラックマ等、かわいいピックを集めてみました。

ESPドラえもんピック

ESPどらえもんピックコレクション2
キティーちゃんピック

ハローキティ
リラックマのピック各種


リラックマのピック
ミッキーのピック各種

ミッキーのピック



持ち方

ピックは、親指と人差指の横(第1関節付近)で挟みます(握るともいう)。握る力は、強すぎず弱すぎず。初めてギターの弦を弾くときに、つい力が入り過ぎてしまうかもしれないけど、極端にイメージを例えると、弦を弾いた時にピックが弾き飛ばされてしまうぐらい、力を抜いて握りましょう。

 

持ち方を例えると、大人の方であれば名刺を受け取るときの、親指と人差指の形でピックを握ってください。動かし方のイメージは、団扇を持っているとして6弦から1弦をジャラーンと弾きます。

弾くときは、利き腕でピックを持ち、複数の弦をまとめて弾いたり、1本だけ弾いたりします。他にも、巻弦(低音弦)をピックの角で擦って音を出すテクニック(※3)があります。


PR