エレキギター:最低限必要な物

新品で売っているエレキギターは、ボディ、ネック、ピックアップ、弦が張られている状態で売っています。エレキギターの選び方は、一から機材や道具を揃える場合まず全部一式の購入予算を決めましょう。予算2〜3万円あれば全部新品で買うことが出来ます。予算の内訳はギターが約6千円〜1万5千円、アンプが約1万円、他小物。中学生であればお年玉+お小遣いで買える予算ですね。


低価格のギターは、あまり品質が良くないという情報をネットでよく見かけます。確かにそれなりの作りなので予算に余裕があれば買いません。しかし、ギターをやりたいのであれば、何ヶ月もお小遣いを貯めるよりも、購入できる予算の範囲内で買ったほうが良いです。


例えば、自転車にも高いのと安いのがありますよね。高いものは使っているパーツが違いますし快適さも違います。でも、安いものは真っ直ぐ走らないわけじゃないですよね。普段の生活で、すれ違った自転車がどこのメーカーだとかって気にしますか?それと同じで、ギターを買うときも購入予算で決めてしまいましょう。必要なものや予算については「ステップ1:目的で選ぶ必要なもの」や「ステップ2:購入アドバイス」で紹介しています。




初心者向きのエレキギターは無い

某巨大掲示板やYahoo!知恵袋、或いは教えてgooなどを見ていると、初心者向けのギターはなんですか?と質問されている方が多いですね。簡単に言ってしまうと初心者用のギターというのはありません。よく初心者セットとして売られているものは、中学・高校生や始めたいと思っている人に、すぐ購入できる値段を設定しているセットだと思えばいいです。


購入予算の範囲内で、見た目が気に入ったモデルを買うのが一番です。モデルによっては、慣れるまで弦の交換に時間のかかるブリッジもありますが、慣れてしまえば問題ないです。個人的に初心者にオススメするポイントは、弦交換がしやすいことと、フレットが押さえやすいギターをすすめます。ジャクソンというギターは、ジャンボフレットを使っているので弦を押さえやすいので、メーカーに拘らなければジャクソンというブランドも候補にいれてみてください。




格安ギターはなぜ安い?

格安ギターがなぜ安いのかというと、1つ目はボディやネックに使われている木材の値段です。2つ目は人件費や土地が安い中国や韓国で作るから安い。安いことはメリットであるけど、当然デメリットもあって大量生産をしていればある一定の規格に合わないものって当然出てきますよね。それを判断する基準というのが、中国や韓国で作られている低価格帯のモデルだと、品質を判断する基準が甘いので難のある割合が多い。


3つ目は使われているピックアップの品質が値段相応。定価が8万円以下のモデルでも、自社のピックアップを使っていることがほとんどなので、ピックアップをダンカンやディマジオ等に交換すると音が良くなる可能性があります。




ギターの重さ

ギターは、重さについては慣れれば良い。小学生が吹奏楽(マーチングバンド)で使うマーチングバスドラム(小学生用) ヤマハ MB-420Eは4.4キロ。フェンダーUSAのストラトが3.7キロ、ギブソンレスポールが4.4〜4.8キロ。ネットで知り得た情報を、使ったことも無いのに鵜呑みにして、情報にしているように見受けられます。チャットモンチー(徳島県出身のロックバンド)のギタリストも、女の子ですがレスポールを持っていますよね。



PR