各弦を使ったドレミファソラシ

いままでやってきたエレキギターの練習では、1弦〜6弦のどれか1弦だけを使ったCメジャースケール(※1)でしたので、弦の上を横に移動すれば良いだけでした。この練習では、各弦を何弦も使いCメジャー・スケールを練習します。ポジションマークを目安に練習すれば、キーボードのブラインドタッチのように、フレットと弦の位置だけで音の高さと場所を把握できるようになります。Indexは人差指、Middleは中指、Ringは薬指、Littleは小指が押さえる場所です。



1: 小指を使わないドレミ

5弦3フレットを薬指で押さえた所がC(ド)です。このパターンは小指を使わないので、始めに練習するには取っ付き易いかもです。開放弦のD(レ)とG(ソ)とB(C)は何も押さえないで、弦を弾くだけで音が出ます。

ドレミの場所1


2: 小指を使うドレミ

中指で5弦3フレットを押さえてC(ド)を弾きます。こちらは開放弦が無くて、小指で3回も押さえる動作があるので大変ですが、良い練習になるので頑張ってみましょう。小指を無理なく押さえるためには慣れが必要ですが、はじめは力いっぱい指を立てて弦を押さえましょう。

小指を使うドレミ


3: 1オクターブ高いドレミ

上記二つのドレミよりも1オクターブ(※2)高くした練習です。人差指で3弦5フレットを押さえるとCです。上記の2は最後のCを小指で押さえていましたが、これを人差指に変えると連続して弾くことが出来ます。

1オクターブ高いドレミ

PR