パワーコードを覚える練習メニュー

コード表をずーと見ても中々覚えられないし、すぐ押さえられないと思います。そこで、コードチェンジを繰り返し練習しながら、パワーコード(※1)を覚えてしまおうという練習メニューです。使う指は、人差指と薬指の2本だけです。

練習のやり方は、コードを押さえたらコードストローク(※2)します。コードチェンジをする順番は、C→G→Am→Fを一回目。二回目は、C→G→F→Cをオルタネート・ピッキング(※3)をします。



パワーコード一覧

以下で紹介しているコードは指2本で押さえられるパワーコードです。他には3本の指で押さえるものもありますが、今回は2本だけで弾いてみましょう。

Cのパワーコード

Cのパワーコードは、人差指で5弦3フレットを押さえ、4弦5フレットを薬指で押さえます。

弾く弦は5弦と4弦です。ミュートをしているので、少しぐらい当たっても


Gのパワーコード

Gのパワーコードは、人差指で6弦3フレットを、薬指で5弦5フレットを押さえます。Cで押さえていた指を1弦ずつ上にずらせばGです。


Amのパワーコード

Amは、Gと同じ押さえ方です。Gからチェンジする時は、Gで押さえていた指を、弦はそのままにして、指だけ2フレット隣の5フレットに移動すればAmになります。


Fのパワーコード

FもGやAmと同じ押さえ方です。Amからコードチェンジするときは、弦はそのままで人差指を1フレットまで移動すればFを押さえていることになります。


PR