平沢唯のエレキギター

唯が使用している「ギー太」ことエレキギターは、ギブソンというメーカーのレスポールです。詳しい名称は、「 Gibson Les Paul Standard」というモデルです。色はオレンジっぽいですが、チェリーサンバースト(cherry sunburst)というサクランボの色です。

お値段を楽天やイシバシ楽器で調べてみると、約25万円という価格でしたのでアニメと一緒ですね。中古はというと、ちゃんとした楽器店の中古(程度によります)が、経年相応の普通な状態で8万円から10数万円でした。

ヤフオクで調べてみると、平均10万円ぐらいで開始価格1円の商品でも、落札された時の金額は7万円以上でした。ネックが折れているジャンク品でも、後1日という時点の価格が1万円を超えていました。たぶん、けいおん!ブームが過ぎたら、もう少しは安くなるかなとは思います。個人的な願いですがね。

安く買うには、コピーモデルを探すといいですよ。コピーといっても偽物ではなくて、レスポールタイプといったほうがしっくりくるかな。以下に、唯のレスポールモデルを安く買いたい人向けに、いくつか掲載しましたので参考にしてみてください。



レスポール

唯が持っているレスポールは高いので、同じようなギターを探してみました。一番左がギー太のモデルとなったもので、真ん中が姉妹ブランドが出しているもの、一番右がけいおん!公式が発売したものです。形や色が似ているだけでいいのなら、けいおん!公式の唯モデルが3万円でお釣りがきます。

Gibson
Gibson

Les Paul Traditional
Epiphone
Epiphone

Les Paul Standard
けいおん!オリジナル
けいおん!オリジナル

けいおん!平沢唯モデル
定価は269,800円。
唯が持っているギブソンのレスポールです。 Les Paul Traditionalと名前が違いますがStandardと同じカテゴリに分類されています。
定価は39,800円。
ギブソンの姉妹ブランドEpiphoneが作っているLes Paul Standardです。平沢唯も愛用するエレキギターと同じタイプ、同じカラーで人気を誇るモデル。
定価は29,800円。
平沢唯の「ぎー太」をイメージした入門ギター。軽めの木材を使っているので、本家より少し軽い。PUもパワフルで、有名ブランドに負けないサウンド。

さて、アニメに話を戻すと、ギー太と出会ったのは10GIAという楽器店。むぎの発する「値引き出来ませんか?」「もう一声!」のおかげ(むぎパパが楽器店の社長)もあり、ありえない価格でお買い上げ。添い寝したり雨に濡れないようにと、大切にしているシーンをよく見かけますが、梓に指摘されるまで、弦を交換することを知らなかった天然を主人に持つギー太。



平沢唯のカスタネット

回想シーンで「うんたん♪うんたん!」やってたあれです。幼稚園で「うんたん、うんたん」やっていた時に持っていたカスタネット。これ欲しい人がいるとは思えないのですが、一応調べてみました。がしかし、探すヒントになるような特徴といえば、青と赤の2色で丸い形をしているぐらいしか分かりません。

まずはヤマハのHPで調べてみるも水色とピンクの2色で違う。次に鍵盤ハーモニカなどで馴染みのあるSUZUKI(スズキ)というメーカー、こちらは青と赤で丸型のものがあり似ています。お値段も180円とお安いですね。他にはカワイ、ZENON(ゼンオン)250円、知っているメーカーで探すとこんな感じでしたね。

Amazon(アマゾン)で売られていた「けいおん!」と付いている花びら型のモデルは、たしかにカワイイとは思いますが、シールを貼りつけただけの何ら関係のないものなので却下。結論としては、幼稚園で使われているものなので、どこにでも売られているものです。


PR