#4修学旅行! アニメけいおん!!

桜が丘高校3年生は、修学旅行で京都に行くことになる。4人一組の班行動のため、軽音部で行動することになるが、行きの新幹線からテンションが上がっている唯と律に、澪は大きな不安にかられる…。



2期4話まとめ

チュンチュンスズメがさえずる朝、修学旅行の着替えを準備する唯、「ハンカチ、ティッシュよし、しおりよし」と指差し確認を怠らない気合の入れよう。「さてと、、、」と言いながら髪を後ろで結び?。。。( ゚д゚)ん、、、結び?。。。「今日から修学旅行です。。。お姉ちゃんの!」と唯の部屋を開け起しにきたのは憂(1個下の妹)だったー。

京都駅に着いた桜高校御一行。まずは金閣寺でティータイム、次に訪れたのは北野天満宮。北野天満宮は、和の説明によると学問のご利益で知られていて受験生には有名な神様だそうな。その頃さわちゃん先生は縁結びのお守りを一つ買っていた。そして、絵馬を見つけた唯たちは記念に何か書いていくことにする。4人で一つの絵馬に、「武道館進出」田井中律、「生涯満腹」平沢唯、「志望校合格」秋山澪、「志望校に受かりますように」琴吹紬と書いた。

宿泊先のホテルに到着しくつろぐ軽音メンバー。夕食後の入浴場面では、澪と紬のヘアスタイルの会話。それを聞いた律は、髪を伸ばしたら女っぽくなるかなと呟くが、唯は無理だろという雰囲気を漂わせ湯の中へ沈む。修学旅行好例の枕投げもムギの先制を合図に開始するが、終宴はすぐにきた。。。

日付は変わり自由行動の日、まずはここだなと京都某所の楽器屋に入ろうとする律&唯。置いて行こうとする澪に、レフティーモデルが置いてあるんだなと律。すかさずガラス越しに店内を凝視する澪であった。

タクシーで目的地の嵐山に着き、予定の渡月橋(とげつきょう)から見に行こうとするが、唯と律はモンキーパークへと向かっていき、後を追う澪と紬。そして辺りは暗くなり、電車を使って帰ろうと律が先頭きって案内するが迷う。しどろもどろの京都弁で駅への道を聞き、再度先頭を歩くが完全に道に迷う。ちょうどそこへ、同じく迷っていた和たちのグループが通りかかり、安心することが出来たメンバー。北があっちだから、ここを左に、ここを道なりに、そしてまた同じ場所へと戻ってきた。。。この続きは

今回の登場人物

  • 平沢唯・・・・・・・・
  • 田井中律・・・・・・
  • 秋山澪・・・・・・・寝る時に豆電気を付けて寝ようとするなど、普段は豆球つけて寝るんだね。
  • 琴吹紬・・・・・・・京都弁が達者だったり、枕投げを率先して始めるなど積極的な一面を見せる。
  • 山中さわ子・・・・京都へ向かう新幹線車内、見学先、宿泊先でけいおんメンバーに手を焼く先生。
  • 平沢憂・・・・・・・姉の荷物の準備をする、ほんとによく出来た子です。
  • 真鍋和・・・・・・・4人で1グループのため、唯たちとは別の班になる。

PR