#8新勧! アニメけいおん!

季節が過ぎ、唯たちは高校2年生に。だが、クラス替えにより澪一人だけ別なクラスになってしまう。からかう律と強がる澪。一方、唯の妹・憂も無事受験を終え、姉と同じ桜高へ入学する。軽音部は新入部員獲得のため勧誘を始めるが…。



8話まとめ

春、合格掲示板を前に自身の合格番号を見つける平沢憂。無事に姉の唯と同じ私立桜が丘女子高等学校に合格出来た様子。付き添いで来た唯と軽音部のメンバーが、お祝いを述べている背後を遅れてきたツインテールの女子、この子も合格したようである。

唯たち2年生のクラス発表では、平沢唯と田井中律と琴吹紬が同じ2年2組だと喜び。同じクラスだと思った秋山澪は2年1組であった。わいわいとクラスに向かう3人と、1人クラスに向かう澪。クラスでも知っている子がいなくてポツンと座る澪であったが、真鍋和も同じ1組でお互い一安心といったとこ。

新入部員を勧誘する新勧に向かう軽音部は、他の大きな部の手際の良さに感心するも、アピールポイントが無いことに気づく律。さわ子のアイデアにより、着ぐるみで新勧ライブを告知するも、周りから浮きすぎて誰も近寄らない。そんな中、チラシを手渡せたのはツインテールの女の子だけで、他はほとんど渡せなかったようだ。

放課後、憂と友人は軽音部を見学しに行く。先程の女の子はジャズ研へ友達と行くが、求めている本物のジャズとは少し違ったようでジャズ研を後にする。もらったチラシを取り出し、音楽室がある階を見上げ少し覗いてみることに。部室と廊下を隔てるドアのガラス越しに中を覗くと、ジャージで演奏している部員の姿があり、真面目に演奏していないように見受けられ引き返す。

新入生歓迎会のクラブ紹介&演奏当日、曲目は1.ふわふわタイム、2.カレーのちライス、3.私の恋はホッチキス、4.ふでペンボールペンの4曲。その頃、憂はクラブ見学に行った友人にジャズ研に入部したと伝えられ肩を落とすが、同じクラスの女の子(梓)にライブを見に行かないかと声をかける。

演奏も終えた放課後、入部希望はまだかまだかと、廊下を覗く3人であるが紬に来るものも来ないとたしなめられる。お茶と菓子でを談笑しているとドアが開き、憂が誘ったツインテールの女の子、梓が「入部希望」といって顔を出す。新入部員が誕生した瞬間。



今回の登場人物

  • 平沢憂・・・・・・・・・姉の軽音部へ誰か入部してもらうべく陰ながらに頑張った功労者。
  • 田井中律・・・・・・・見学者にカッコいい人と思われたのもつかの間、和へ平謝りで幻想終了。
  • 秋山澪・・・・・・・・・先生に捕まりメイド服を着る。ライブで私の恋はホッチキスを歌う。
  • 琴吹紬・・・・・・・・・ライブを終えた放課後、他の3人がそわそわしていても、1人落ち着いていた。
  • 平沢唯・・・・・・・・・出だしのリフ難しいのに、完璧になっていると澪に思わせるほどギターが上達。
  • 真鍋和・・・・・・・・・講堂の使用申請を律が前日まで出していないことを指摘した場面のみ。
  • 山中さわ子・・・・・今回も着ぐるみ、メイド服を自前で用意。
  • 中村梓・・・・・・・・当初は、ジャズ研の説明会に参加。のちに気になっていた軽音へ入部。
  • 同級生・・・・・・・・憂に誘われ軽音部を見学。メンバーの雰囲気に圧倒されたようであった。
  • 葉田俊子・・・・・・合格者番号0045。
  • 羽山佐江・・・・・・合格者番号0053。
  • 福井里子・・・・・・合格者番号0058。
  • 福山美加・・・・・・合格者番号0063。

PR