#6学園祭! アニメけいおん!

いよいよ学園祭当日。本番に向けて練習をしようと音楽室を訪れた澪。だがそこにメンバーの姿はない。校内でみんなを探す澪。だが、3人はそれぞれクラスの出し物で大忙しで、すぐには練習できそうもない。和のおかげでようやく練習に向かうことが出来た唯だが…。



6話まとめ

学園祭当日、本番へ向けて練習をしたりアンプやドラム等の機材を運ぶ傍ら、休憩中のおしゃべりで律と澪の関係が少し明らかになる。なんでも二人は小学校から一緒のようである。いよいよ本番、ステージに立つ4人。緊張する澪に、3人が話しかけ緊張を和らげる。そして律の合図で演奏が始まる。

曲は君を見てるといつもハート、ドキドキの歌詞から始まる「ふわふわタイム」です。演奏が終わり客席からわく拍手の中、緊張の糸が切れたのか安心したのか、アンプに繋いでいるシールドに足を引っ掛け、客席に思いっきり青と白の縞々柄の下着を見せてしまう。学園祭終了後、律から初ライブにしては上出来と褒められる唯、澪はなんとファンクラブが出来てしまったようだとチラシを手に報告。当の本人は、「ぱんt・・・パンツ」と連呼して燃え尽きていた。



今回の登場人物

  • 田井中律・・・・・・・本番前の事前練習でだけ見せたMC。才能ありそうでしたね。今後どこかで。
  • 秋山澪・・・・・・・・・最後に力尽き落ちをつけた澪。客席のフラッシュはファンクラブの子?。
  • 琴吹紬・・・・・・・・・お化け屋敷でコスプレをしていたムギ。
  • 平沢唯・・・・・・・・・しわがれ声であったが、初ライブを無事に終えることが出来た。
  • 山中さわ子・・・・・体育館の後ろで軽音楽部のメンバーを見守る。
  • 真鍋和・・・・・・・・ステージ脇で唯の成長を見守る。

PR